90 Kanji Radicals on iTunes U

iTunesUicon

Bushu: The Kanji Makers -From Images to Shapes (video clip collection)

Where to View: American University iTunes U (Open to the Public; Free)

 URL:  https://itunes.apple.com/itunes-u/bushu-the-kanji-makers-Japanese/id438294617 (Preview page)

OwlThinkingFinalThis is a collection of video clips about 90 kanji radicals (bushu) and other related materials prepared by Noriko Williams and her team, including her former students at American University.

The objective of this study is to enable a student of Japanese to recognize a recurring partial component of kanji (radical or bushu 部首) that carries its own meaning wherever it appears. This knowledge will deepen understanding of kanji and improve the ability to recall kanji and to learn new kanji. It is an approach that goes beyond rote memorization.

Here’s how it works:

(1) A student will learn the historical development of a kanji, from ancient times when the shape was the direct image of meaning, to the present shape.

(2) A student will see that relationship between shape and meaning by reference to three sample kanji that contain the same radical.

(3) The ninety bushu that are included will cover the majority of kanji used in Japan. This will impart the ability to learn new kanji more easily.

For Windows Users

How to obtain the iTunes U   Go to: http://www.apple.com/itunes; click Download iTunes on the top right; click Get iTunes U for Windows, and follow the direction. The use of the iTunes U is free of charge and open to the public.

The Table of Contents

iTunesUTableofContentsWP

iTunesUTableofContentsWP2

A three-page PDF file available by request: 

Sample page of the PDF 90 Kanji Bushu Names Meanings & Kanji (https://kanjiportraits.wordpress.com)

 

If you wish to have a three-page PDF document “THE 90 BUSHU – ORIGINS, NAMES, MEANINGS & KANJI” for your reference, you can request by an email to visualkanji@@@gmail.com (please remove two @@.)

Author’s note: If you could add your country name in your request, that would be helpful.

 Author’s Message for a Japanese Language Teacher

この漢字部首教材に関心をお持ちの日本語の先生へ

こんにちは。この部首教材の作成者のウィリアムズ憲子です。

アメリカのリベラルアート教育の中での日本語教育は時間数が限られていて、漢字は学生の自習に任されていることが多いです。学生はテストや小テストのためには、繰り返し書いて覚える努力をしてきてくれますが、しばらくすると忘れてしまいます。せっかくの努力の結果が長続きしなくてがっかりしてしまう学生を私は長年目にして来ました。一度覚えた漢字の記憶を辿る方法を教えるのが私の教師としての役目だと考えるようになりました。

そこで、字形と意味の不変の関係をもつ部首に注目して、それだけを別個に取り出して学生に示すことにしました。基本的には、授業時間外に宿題として自習できるように作りました。どの部首を先に導入するかは教科書によって異なりますので、その選択は先生方に決めていただく形になります。

ご参考にと思い、私の体験を記します。(私は2年次集中コースと3年次のコースを担当していました)

1) まず授業でイントロダクションの動画(16分)を見せてから、例として選んだ部首動画(3分)を一つ見せました。

2)学生は宿題として各課ごとに選んだ部首のビデオを見て、ワークシートに書き込みました。(二週間に一回の割合)

3) 授業ではときおりフラッシュカード(PDFを印字したのを半分に切ったもの)で、意味の復習をしました。授業時間は10分もあれば充分です。動画にはその他の情報も入っていますが、つまるところ部首の字形とその意味を覚えればいい簡単なことだという安心感が生まれます。

4)一学期に二回ほど、字形と意味とその部首を含む漢字を一字書く小テストをしました。学生はこの準備をする過程で、部首への集中力を養います。漢字を部分の複合体として捉える力がつくので、新出漢字への好奇心を生まれます。(課毎の新出漢字ワークシートとクイズは別個に行いました)

学生によって最初に全部をダウンロードしてそこから見る場合と、宿題としてして出されたときにオンラインで見る場合とありました。

3年次(2年目)は残りの部首を学習しました。私の教えていた日本語プログラムは三年間しかないのですが、その終わりにとったアンケートでは、部首の勉強が漢字学習に役に立ったことを全員が記していました。また、1年次の後半から習いたかったという声もいくつかありました。使い方によると思います。

関連したものとして、漢字となる前の最後の古代文字である篆字は、現代の日本でも石碑や印章やデザインに見ることができますので、部首学習で学ぶ字源は今なお生きているということを「町で発見漢字の古代文字Discover Kanji Precursors in Modern Japan」という動画にまとめました。石碑は明治初期に多いので幕末明治と絡めてみました。日本語の文字の歴史にも触れました。印章は私が見かけた物を取り上げました。漢字学習をもう少し広い目で見て、日本の歴史と結びつける材料としてご覧いただければ幸いです。

ウィリアムズ憲子  (前アメリカン大学日本語プログラム ワシントン D. C.)        (2016年1月改)

One thought on “90 Kanji Radicals on iTunes U

  1. Pingback: Nihongo! Death to Romaji | panpanfun

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s